ハリル監督、海外組への信頼強調も「確実に席が用意されている人間は誰もいない」

2016年11月15日(Tue)23時55分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督
ヴァイッド・ハリルホジッチ監督【写真:Getty Images】

【日本 2-1 サウジアラビア 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は15日、ロシアW杯アジア最終予選でサウジアラビア代表と対戦し、2-1で勝利を収めた。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督ははじめに「非常に美しいチームだった」とサウジアラビアを称賛。日本の勝利については「エクセレントとは言わないが、良い試合をした。勇気と強い気持ちで勝利を追求した」と話した。そして、こう続ける。

「もう少し点が取れたとは思うし、失点をしたのは良くなかったかなと。本当は失点なしで終わりたかったが、美しく大きな勝利だった。今日の選手を祝福したいし、彼らの戦う気持ちと行動を誇りに思う。強いサウジアラビアによく勝ったなと思う」

 主軸となるべき本田圭佑、香川真司らが所属クラブで満足な出場機会を得られていないが、清武弘嗣や大迫勇也が存在感を強めている。とはいえ、海外組に対して指揮官は要求する。

「これからももっともっと厳しい状況が続く。本田、香川、岡崎(慎司)、川島(永嗣)らが厳しい状況にあるのは知っている。彼らには先発を取り続けなさい、そして先発を取れるクラブに行きなさい、と繰り返し言った。我々のチームの強みは、海外組のプレー回数が多いことによって決まる。彼らを本当に信頼している」

 大黒柱の本田は試合前、スタメンから外される場合「監督には説明する義務がある」と述べた。指揮官は「もちろん、何人かの選手とは話した」と明かす。本田以外の選手への信頼も揺らいでいないが、「確実に席が用意されている人間は誰もいない」と強調した。

 チームに一体感があり、「プレーしなかった選手や先発を外れた選手もみんなを励ましていた。このスピリットをキープしてほしい。それがいつか報われる」とハリルホジッチ監督は言う。

 グループ首位のサウジアラビアを撃破し、ハリルジャパンは今年最後の試合を締めくくった。

(取材:植田路生、文・構成:編集部)

【了】

新着記事

↑top