スアレス通算100点&”MSN”通算300点。わずか2年半で驚異の得点数

2017年01月12日(Thu)16時03分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

ルイス・スアレス
バルセロナのルイス・スアレス【写真:Getty Images】

 現地時間11日に行われたスペイン国王杯(コパ・デル・レイ)の試合で、バルセロナのFWルイス・スアレスはクラブ加入から通算100ゴール、3トップ”MSN”は結成から通算300ゴールを達成した。11日付のスペイン紙『マルカ』などが伝えている。

 5回戦でアスレティック・ビルバオと対戦したバルサは、アウェイでの1stレグを1-2で落としていたが、ホームでは3-1の勝利。スアレスとリオネル・メッシ、ネイマールがそれぞれ1ゴールを記録し、”MSN”揃い踏みにより逆転での準々決勝進出を決めた。

 先制点となったスアレスのゴールは、バルサでの公式戦通算100点目という記念ゴールだった。2014年夏にリバプールからバルサに加入したスアレスは、120試合の出場でこの数字を達成。リーガエスパニョーラで68ゴール、チャンピオンズリーグで17ゴールなどを記録している。

 また、スアレスの加入により”MSN”が結成されて以来、3人の合計得点数は300ゴールを突破した。この日の3点を加えて計302ゴールの内訳は、メッシが125点、スアレスが100点、ネイマールが77点となっている。

 同期間中のバルサの総得点数は421ゴールであり、実に7割以上の得点を3トップが叩き出していることになる。また、前線の3人はこれまで合計147アシストを記録しているとのことだ。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top