香川がドルトムントで生き残るために。下位との一戦で披露した“ターン”という武器

2017年03月18日(Sat)13時45分配信

text by 本田千尋 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

劣勢で光った“香川のターン”。唯一無二の武器が生き残りのカギに

香川真司
香川真司は“ターン”を武器に個性豊かな集団の中で生き残りを図る【写真:Getty Images】

 最終的にドルトムントはインゴルシュタットに1-0で勝利したが、辛勝だった。守備面での課題を露呈し、残したまま、代表ウィークに突入することになった。

 そんな決して簡単ではなかったインゴルシュタット戦で、香川は、オーバメヤンの先制点に繋がる光るプレーを見せている。13分、ハーフウェーライン付近でゲレイロからのパスを受けた香川は、ターンして、マルビン・マティップを交わすと、マルセル・シュメルツァーが走る前方のスペースへパスを出す。シュメルツァーの左からの折り返しを、ニアサイドでオーバメヤンがダイレクトで押し込む。

 この一連の流れについて、香川は次のように振り返った。

「ラファ(ゲレイロ)から縦パスが入ることは意識して待っていたので、相手も食いついてくるなと思ったんで、うまくターンできましたし、そこからの流れはうまく崩せたと思うし。いいゴールだったと思う」

 香川と言えば、ターン。素早くターンして敵をおちょくるくらいに交わし、チャンスを演出することが、何よりの香川らしさだったはず。いつしかそうした“香川のターン”は影を潜め、どこかバックパスを選択しがちだったが、インゴルシュタット戦では、見違えるような積極性がピッチに現れていた。

 そして試合後に、香川は意気込んだ。

「最終的に個性あるチームの中で生き残っていくために、自分というものをもっともっと表現したい」

 この先も続く試合で、“香川のターン”を随所に発揮していくことが、「最終的に個性あるチームの中で生き残っていく」ことに繋がっていくはずだ。

(取材・文:本田千尋【ドルトムント】)

【了】

1 2

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top

        プッシュ通知で最新情報をお届けします

        通知許可ポップが表示されたら
        許可ボタンを押してください

        • 後で
        • 最新情報を受け取る