ユーベの堅守はなぜ決壊したのか。決勝でまさかの4失点。レアル相手に表出した“負債”

現地時間6月3日、16/17シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ決勝戦が行われ、レアル・マドリーがユベントスを4-1で降した。決勝まで大会を通して3失点しかしていなかったユーベだが、決勝の1試合だけで4点も奪われてしまった。なぜイタリア王者の堅守は瓦解してしまったのだろうか。(取材・文:神尾光臣【カーディフ】)

2017年06月04日(Sun)11時37分配信

text by 神尾光臣 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

序盤こそペースをつかむも…。後半に入り、あっさりと突かれた弱み

チャンピオンズリーグ決勝でユベントスはレアル・マドリーに敗れた
チャンピオンズリーグ決勝でユベントスはレアル・マドリーに敗れた【写真:Getty Images】

 大会を通して3失点しかしていなかったユベントスが、決勝だけで4失点。いったい、どうしてこうなったのか。

 序盤ユーベは、ペースをつかんではいた。速いパス回しでレアル・マドリーのチェックをかわし、さらに充実の中盤に捕まらないよう、ミドルパスをサイドに送り込む戦術で展開を動かし、シュートチャンスを作った。カウンターで先制点は奪われるが、そこからパワープレーを使ってマリオ・マンジュキッチの同点バイシクルへと流れを持って行っている。

「前半は素晴らしい内容だった。レアルに対抗するには運と、まさに前半でやっていたようなサッカーが必要だった」とマッシミリアーノ・アッレグリ監督は語った。レアル・マドリー陣営とてわざと引いて攻めさせていたわけでもなかったようで、「前半は自分たちも動きが硬く引きすぎた」とジネディーヌ・ジダン監督も語っている。

 つまりこの試合のポイントは、後半開始から15分の間に一体何が起こったかにある。レアル・マドリーはユーベの弱みをあっさりと突いて押し込み、展開の脱出を不可能な状態に追い込んだ上で得点を重ねた。

 まずは彼らは、後半の立ち上がりにユーベの右サイドを狙ってボールを放り込んだ。ここには、アンドレア・バルザーリがいる。カバーリングセンスも技術も高く、本職はCBながら器用にSBもこなすベテランだが、唯一の弱点はスピードがないことだった。そこに彼らはクリスティアーノ・ロナウドやイスコを代わる代わる走らせ、速いボールを送った。

 これまでの試合ならば組織守備で十分対応できたところだったが、レアル・マドリーはパスのスピードが速いのでスライドなどの対応が追いつかない。前半から一段ギアをあげた展開のスピードは、もうユベントスに止められるものではなくなってしまった。

1 2 3

新着記事

↑top