天皇杯で“ジャイキリ”に迫った「アマチュア最強クラブ」。Honda FCが挑んだ磐田戦

2017年06月23日(Fri)11時49分配信

text by 青木務 photo Tsutomu Aoki
Tags: , , , ,

2回戦で大会を去るには、あまりにもったいないチーム

 PK戦の末に3回戦へと駒を進めた磐田の名波浩監督は、こんな言葉を残した。

「Honda FCの技術の高さ、穴を突く戦術眼は素晴らしいものがありましたし、どちらに転んでもおかしくないような、2-2でPKという結果通りだった。一瞬の隙で得点と失点が生まれ、観ている人には非常にスリリングなゲームだったなと」

 この試合、サポーターは10台以上のバスで敵地に乗り込んできた。平日のナイトゲームにもかかわらず多くの人が集まり、アウェイゴール裏はチームカラーの赤に染まった。栗本は『12番目の選手たち』への想いを口にした。

「明日も仕事がある中でPK戦まで応援していただいて、本当に感謝しかないです。喜んで帰っていただきたかったけど負けてしまい、大きな責任を感じています。申し訳ないなという気持ちと感謝の気持ちがあります」

 また鈴木は、未来のHonda FCを支えるであろう人々へ勝利を届けられなかったことを悔やんだ。

「ジュビロに勝ったトップチームを見るだけで、子どもたちに勇気だったり、このチームにいる誇りを持ってもらえたと思う。でも結果、負けてしまった。自分たちの悔しさもあるけど、そういうところの悔しさをすごく感じます」

 この日、いくつかの会場でジャイアントキリングがあった。そのため、Honda FCの奮闘は多くは触れられないかもしれない。

 しかし、JクラブでもなければJリーグを目指しているわけでもない企業チームが、“対策”ではなく“蓄積”によって観る者をワクワクさせるパフォーマンス披露したという事実は、ここに記しておきたいと思う。

 2回戦で大会を去るには、あまりにもったいないチームである。

(取材・文:青木務)

【了】

1 2 3 4

新着記事

↑top