長友佑都、ダービーにフル出場も低評価。チーム最低タイとするメディアも

2017年10月16日(月)6時47分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , ,

長友佑都
長友佑都【写真:Getty Images】

 インテルは現地時間15日、セリエA第8節のミラン戦で3-2の勝利を収めた。フル出場したDF長友佑都について、現地メディアは厳しい評価をつけている。

 『インテルニュース.it』は、長友に「6」をつけた。「前半は称賛に値する」内容だったと評価しつつ、後半については「苦しんだ」と指摘。「ミランが良い時間は彼のところからきた」としている。「6」はこの日のインテルで低めの評価。「5.5」のDFミランダが単独最低点で、「6」は長友のほかにMFロベルト・ガリアルディーニだけだ。

 『スカイ』はより厳しく、長友を「5.5」とした。これはミランダと並んでチームワーストタイの評価となっている。

 同じく長友にチーム最低タイとなる「5.5」をつけた『FCインテル1908.it』は寸評が厳しかった。「(対峙したファビオ・)ボリーニは自由過ぎた。イタリア人(ボリーニ)は、スペースとクロスを狙う時間があったことに感謝している」と記されている。

 なお、マン・オブ・ザ・マッチは満場一致でハットトリックを達成したFWマウロ・イカルディとなっている。ここで紹介した3つのメディアは、インテルのエースにそろって「9」の高評価をつけた。

【了】

新着記事

↑top