ハリルJに推薦したい5人。期待の新戦力候補たち。2017年11月シリーズ編【編集部フォーカス】

2018年ロシア・ワールドカップの出場権を獲得した日本代表。11月10日にブラジル代表、10月14日にベルギー代表との試合を迎える。この2試合に臨む日本代表メンバーは10月31日に発表されるが、新戦力の台頭はあるだろうか。今回は、直近の代表戦で招集されていない選手のなかから、日本代表に推薦したい5選手をピックアップする。

2017年10月30日(Mon)11時30分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , ,

浦和で高まる存在感。デュエルでも強さを発揮

浦和レッズの長澤和輝
浦和レッズの長澤和輝【写真:Getty Images】

長澤和輝(ながさわ・かずき/浦和レッズ)

 1991年12月16日生まれ。専修大学を卒業後、すぐにドイツに渡り2016年までプレーした長澤。抜群のテクニックと攻撃的センスで、決定的な仕事を果たすアタッカー。浦和では監督交代後から出場機会が増加している。

 またAFCアジアチャンピオンズリーグ準決勝・上海上港でも存在感を示し、クラブにとって10年ぶりとなる決勝進出に大きく貢献した。浦和がACL決勝に進出すればクラブW杯との兼ね合いで12月のE-1選手権で招集およびテストができないため、11月に代表入りという可能性は十分にあるだろう。

 技術とアイディアはもちろん、ドイツで鍛えられたフィジカルも魅力。デュエルの強さを重視するヴァイッド・ハリルホジッチ監督にとっては、ぜひとも手元に置いてみる価値のある選手ではないだろうか。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top