120171101_cl_getty
今夜もCLグループステージ開催【写真:Getty Images】

 現地時間1日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループE~Gの第4節が行われる。今夜はMF香川真司が所属するボルシア・ドルトムントや、国内リーグで苦しむレアル・マドリーなどが登場だ。

◆グループE

リバプールvsマリボル
セビージャvsスパルタク・モスクワ

 大接戦のグループE。ここまで勝ち点5のリバプールは、前節アウェイで大勝したマリボルとのホームゲームで、着実に勝ち点3を加えたい。この2連戦で勝ち点6を稼げば、グループ突破は見えてくる。

 セビージャ対スパルタク・モスクワは、グループ突破争いで鍵を握るかもしれない。ここまでリバプールと同じ勝ち点5のスパルタクを勝ち点1差で追うセビージャ。前節は敵地で1-5とまさかの大敗だった。リベンジに成功して2位浮上なるだろうか。

◆グループF

ナポリvsマンチェスター・シティ
シャフタール・ドネツクvsフェイエノールト

 セリエA首位のナポリと、プレミアリーグ首位のマンチェスター・シティの対戦が見物。特にナポリは1勝2敗で勝ち点3と苦しい状況にあるため、勝ち点3が欲しい状況だ。3戦3勝で余裕があるシティをホームに迎えるゲーム。ここで勝てなければ、国内での好調にも影響が出るかもしれない。

 勝ち点6で2位につけるシャフタール・ドネツクは、ホームでのフェイエノールト戦。ナポリに圧力をかけるために、ここは勝ち点3を獲りたいところ。

◆グループH

ベシクタシュvsモナコ
ポルトvsライプツィヒ

 3戦3勝で3位以内は確定しているベシクタシュは、ホームでのモナコ戦。昨季躍進したモナコは、ここまで未勝利と厳しい状況だ。しかし、2位との勝ち点差はわずか3。十分に巻き返せるため、モチベーションは十分だろう。

 勝ち点4のライプツィヒと勝ち点3のポルトの対戦は、慎重なゲームになるかもしれない。もちろん勝ち点3が欲しいが、それ以上に敗戦への怖さはあるはず。緊張感のある2位争いで優位に立つのはどちらだろうか。

◆グループG

トッテナムvsレアル・マドリー
ボルシア・ドルトムントvsAPOEL

 香川真司が所属するボルシア・ドルトムントは、ここまで1分け2敗で3位。同勝ち点で最下位のAPOELとのゲームは、当然勝つしかない。

 トッテナムとレアル・マドリーは、どちらもグループステージ突破という意味では余裕がある。だが、レアル・マドリーは週末の国内リーグでひどい負け方をしており、ここで王者の強さを見せなければ騒ぎは大きくなる。トッテナムも週末のリーグ戦で負けているが、こちらは相手がマンチェスター・ユナイテッドだった。どちらの方が大きな圧力を感じているかは火を見るより明らかだ。

 ベシクタシュ対モナコは日本時間2日2時キックオフ。その他の試合は同4時45分キックオフ予定だ。

【了】

新着記事

↑top