ドルト、27本シュートで1点のみ。格下相手に勝利奪えず。EL進出を逃す可能性も

2017年11月02日(Thu)7時10分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

ドルトムント
引き分けに終わったドルトムント【写真:Getty Images】

 現地時間1日にチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節の試合が行われ、ドルトムントはキプロス1部APOELニコシアをホームに迎えて対戦し1-1の引き分けに終わった。この結果、決勝トーナメント進出が非常に厳しい状況に追い込まれている。

 ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司はフル出場。試合開始して29分にラファエル・ゲレイロのゴールで先制するも、51分に同点ゴールを決められた。英メディア『BBC』が公開しているデータによると、ドルトムントがボール支配率78%と圧倒し、27本のシュートを放ったものの1得点だけに終わったという。

 トッテナムはレアル・マドリーに3-1の勝利をおさめたことで決勝トーナメント進出が決定。残る1枠を巡ってドルトムントはマドリーと争うことになるが、勝ち点差から見れば、決勝トーナメント進出は絶望的と言える。さらに、APOELニコシアと勝ち点2で並んでおり、残り2試合の結果によってはヨーロッパリーグ(EL)進出さえも逃すかもしれない。

【了】

新着記事

↑top