イタリア代表、59年ぶりまさかのW杯予選敗退。1958年当時の日本で起きた5つの出来事【編集部フォーカス】

 2017年11月13日、過去4度のW杯優勝経験を持つイタリア代表がプレーオフの末にロシアW杯出場権を逃した。これは1958年以来、59年ぶりのことである。1958年は終戦から13年経ち、日本でNHKによるテレビ放送が始まってから5年、東京オリンピックの6年前、ということになる。イタリア代表のW杯予選敗退の「59年ぶり」というのが、どれほど大きな出来事なのか、1958年に日本で起きた5つのエピソードからスケールの大きさを感じてもらいたい。

2017年11月14日(Tue)17時57分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , ,

世界初の海底道路「関門トンネル」開通

関門海峡
関門海峡の海底には鉄道用、道路用、新幹線用の3本のトンネルが通っている【写真:Getty Images】

 3月9日、着工から21年の歳月を費やして建設された「関門トンネル」が開通した。第二次大戦前に鉄道用の海底トンネルが開通していたが、山口県(本州)と福岡県(九州)を結ぶ初めてかつ唯一の道路用トンネルとなった。

 1937年に本坑掘削前の試掘が始まり、第二次大戦中の資材不足などで工事の一時中断を挟んで、1952年に工事再開。総工費は当時の金額で約57億円、世界初の海底道路トンネルの誕生となった。関門トンネルは徒歩でも通行可能で、世界的にも珍しい海底トンネルとして知られている。

1 2 3 4 5 6 7

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top