ペルーの妨害工作、試合中にも…。NZ代表は批判せず「むしろ俺たちにとって大きな挑戦」

2017年11月17日(Fri)9時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

アンドリュー・ドゥランテ
ニュージーランド代表のアンドリュー・ドゥランテ【写真:Getty Images】

 現地時間15日にロシアW杯大陸間プレーオフ2ndレグの試合が行われ、ニュージーランド代表はペルー代表と対戦し0-2の敗戦を喫した。試合後、ニュージーランド代表DFアンドリュー・ドゥランテが、ペルーの妨害工作について言及した。16日に米メディア『ワシントン・ポスト』が報じている。

 まず最初に、ニュージーランド代表が飛行機でペルーに向かう段階から妨害工作の被害を受けた。次に宿泊ホテル近くで花火の打ち上げ、3つの軍用機が超低空飛行でホテル上空を飛び轟音を轟かせるなど睡眠妨害を受けている。試合中にはペルーサポーターによるレーザー光線がニュージーランドの選手たちに当てられた。

 ただ、ドゥランテはペルーの妨害工作を敗戦の言い訳にはしない。「俺たちには、このようなことをされても試合に影響を及ぼすことはないという強い思いがあった」と語り、強い気持ちで試合に臨んだことを明かしている。

 続けて「彼らがこのようなことをしてくるだろうと思っていたが、実際にやってきた。嵐に巻き込まれたが、むしろ俺たちにとって大きな挑戦となったよ。ペルーは非常にサッカーが盛んな国だ。彼らにとっては大きな支持を得ながら臨む大きなイベントなのだろう。90分戦って、彼らは非常に良いチームだと感じたよ」とコメントしている。

【了】

新着記事

↑top