ついにJ1昇格POに挑む東京V。14541人を集めた最終節、熱き激闘のその先に

2017年11月25日(Sat)10時39分配信

text by 海江田哲朗 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

チラシ配りに出向いた選手が感じた悔しさ

東京ヴェルディのFW高木大輔
東京ヴェルディのFW高木大輔【写真:Getty Images】

 チラシ配りには、高木大輔、田村直也、澤井直人、林昇吾、渡辺皓太といった選手たちが自主的に参加した。大事な試合を目前に控えていたため、希望しても許可が下りなかった選手もいる。

 高木大は多摩センターの駅前で、「こんばんは、東京ヴェルディです!」とチラシを配った。高校生の男子は受け取ってくれたあとに「おれ、(FC)東京応援してんだよね」と聞こえよがしに言った。女子高生のふたり組は「こないだ味スタいった。FC東京の試合で」と明るい声で話した。

「悔しさはありますが、それが自分たちの現状なんだなと。僕らがチームを強くして、変えていくしかない。いまに見てろよ、という気持ちです」(高木大)

 現在12位のFC東京も決して強いわけではなく、むしろあの戦力で何をどうやったらあんな無味乾燥なチームに仕上がるのか教えてほしいくらいだが、あちらはJ1だ。世界が違う。

 昨季、一度もなかった1万人超えのホームゲームが2回あり、1試合平均入場者数は6206人と4年ぶりに6000人台に乗った。これを次につなげなければうそである。集客アップに向けた試み、サポーターと協力して取り組む施策に関しては、今年2月に開催されたラウンドテーブル(クラブとサポーターの意見交換会)の議事録公開が10月になるといった、てんでお話にならないところも依然として見受けられるが、実りは実りとして今後に生かしたい。

1 2 3

新着記事

↑top