20171128_salcedo_getty
ジェノアのエディー・サルチェード(右)【写真:Getty Images】

 現地時間26日、ケルンに所属するDFヤン・アウレル・ビセックは16歳363日でドイツ・ブンデスリーガ1部デビューを果たした。それに伴い27日付けの独メディア『transfermarkt』では今季欧州5大リーグ(イングランド・スペイン・ドイツ・イタリア・フランス)における最年少選手をポジション別でスタメンを作っている。()内は所属チームと2017年11月28日現在の日数である。

 以下は今季の欧州5大リーグにおけるポジション別最年少出場選手である。

GK ジャンルイジ・ドンナルンマ (ミラン 18歳277日)

DF バブカル・カマラ (マルセイユ 18歳6日)
DF イブラヒマ・コナテ (RBライプツィヒ 18歳188日)
DF ヤン・アウレル・ビセック (ケルン 16歳364日)
DF ダン=アクセル・ザガドゥ (ボルシア・ドルトムント 18歳179日)

MF ジェイドン・サンチョ (ボルシア・ドルトムント 17歳249日)
MF ニコラス・ナルティ (ケルン 17歳280日)
MF レキーム・ハルパー (ウェスト・ブロムウィッチ17歳266日)
MF ウィルム・グッベルス (リヨン 16歳105日)

FW ピエトロ・ペッレグリ (ジェノア 16歳257日)
FW エディー・サルチェード (ジェノア 16歳59日)

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top