体重増えたら罰金処分。テベスら所属の上海申花、オフの不摂生抑止へ

2017年12月01日(Fri)7時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

カルロス・テベス
カルロス・テベス【写真:Getty Images】

 中国スーパーリーグの上海申花が、新シーズンに向けて厳しい規則を設けることにしたという。中国メディア『SINA.com』などが伝えた。

 上海申花は昨年末にFWカルロス・テベスを獲得したほか、元インテルのMFフレディ・グアリンやFWオバフェミ・マルティンスといったタレントを擁している。しかし、2017年のスーパーリーグは16チーム中11位に終わり、改革を目指しているところだ。

 そこでクラブは、オフの不摂生を防ぐために動いた。休暇中に体重が2kg以上増えた選手については、0.5kgおきに5万元(85万円)の罰金を科すという。休暇直前の体重測定を済ませており、合流時に再びチェックするとのことだ。

 テベスが16試合に出場して4ゴールしか挙げられなかった上海申花。負傷があったとはいえ、本来はもっとできる選手がそろっているはず。そういった意味でも、取り組む姿勢を改善しようとしているようだ。

 50億円を超える年俸を受け取っているとされるテベスからすれば、罰金額は痛くもかゆくもなさそうだが、効果はあるだろうか。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top