元レアルの“謎の助っ人”が世界を転戦。今度はインドネシアへ

2018年01月19日(Fri)16時18分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

ジュリアン・フォベール
ウェスト・ハム時代のジュリアン・フォベール【写真:Getty Images】

 かつてレアル・マドリーに所属した経験があるMFジュリアン・フォベールが、インドネシアのボルネオFCに加入することが決まった。同クラブが公式インスタグラムで発表している。

 フランス出身のフォベールは、2006年にフランスA代表デビューを飾ったあと、2007年にウェスト・ハムへ移籍。2009年にはレンタルでレアル・マドリーの一員となった。

 しかし、この移籍は完全な失敗に終わっている。半年間でほとんど出場はなく、当時はなぜレアル・マドリーがフォベールの獲得に踏みきったのかを疑問視する声も出た。

 ウェスト・ハムを離れたあと、トルコ、フランス、スコットランドでプレーしたフォベールは2017年1月にフィンランドのインテル・トゥルクに加入していたが、今度はインドネシアに舞台を移すことが決まった。

 ボルネオFCは、「レアル・マドリー、ウェスト・ハム、ボルドーなどでプレーしたジュリアン・フォベールが、正式に2018年シーズンのボルネオFCの一員になった」と発表している。

 フランスA代表で1試合のみの出場となっているフォベールは、2014年からFIFAに加盟していないマルティニーク代表でプレーしている。

 ボルネオFCは2017シーズンのインドネシア1部リーグで18チーム中8位でシーズンを終えていた。

【了】

新着記事

↑top