20180123_schulre_getty
ボルシア・ドルトムントのアンドレ・シュールレ【写真:Getty Images】

 ボルシア・ドルトムントMFアンドレ・シュールレにプレミアリーグ復帰の可能性が浮上してきている。英紙『デイリー・ミラー』が報じている。

 同紙はストーク・シティとニューカッスルがシュールレ獲得に興味を持っていると伝えている。両クラブはシュールレがチェルシー時代に見せた輝きを再び見せる事が可能と判断し獲得に乗り出している模様だ。またドルトムントとしてもシュールレを今冬にレンタルでの放出を望んでおり、移籍先には給料の半額を負担する準備もあるようだ。

 現地時間19日に行われたブンデスリーガ第19節のハンブルガーSV戦でシュールレは今季初のフル出場を果たしたがインパクトを残せず終わった。

 ハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEOは「彼はクラブで今のところ機能しているとは言い難い。もちろんアピールするためのチャンスを得る可能性はあるが最終的には選手のパフォーマンス次第だ」とシュールレの現状についてコメントしている。

 27歳とまだ若く環境が変わればまだまだ活躍できるシュールレ。今冬の決断はドイツ代表として6月のロシア・ワールドカップ(W杯)に出場するためにも重要になってくるだろう。

【了】

新着記事

↑top