『サッカー本大賞』読者投票! あなたが選ぶ2017年、最も面白かったサッカー本は?

カンゼンが創設し、3/12に第5回が開催される「サッカー本大賞」。現在、選考委員による一次投票が終わった。

2018年02月17日(Sat)7時30分配信

text by 編集部
Tags: , , ,

あなたが選ぶ最も面白かったサッカー本はどれ?

サッカー本大賞2018
選考委員によって決定された優秀作品

カンゼンが創設し、3/12に第5回が開催される「サッカー本大賞」。

本賞では、2017年度(1/1~12/31)に発売されたサッカー本(実用書、漫画をのぞく)すべてを対象に選考委員によって決定されます。現在、選考委員による一次選考が終わり、下記12作品が優秀作品として選出されています。

この中から最終選考を行い、大賞が決定します。

フットボールチャンネル上では読者の皆さんからの投票を行い、読者賞を決定します!

読者賞受賞作は3/12の授賞式にて発表されます。皆さん、ぜひ奮って投票下さい。

投票締め切りは3/2となります。

「サッカー本大賞2018」の優秀作品

世界スタジアム物語:競技場の誕生と紡がれる記憶(ミネルヴァ書房 刊)
後藤健生 著

日本代表を撮り続けてきた男 サッカーカメラマン 六川則夫(スクワッド 刊)
六川則夫 著

PITCH LEVEL:例えば攻撃がうまくいかないとき改善する方法(ベストセラーズ 刊)
岩政大樹 著

ドイツの子どもは審判なしでサッカーをする 自主性・向上心・思いやりを育み、子どもが伸びるメソッド(ナツメ社 刊)
中野吉之伴 著

それでも世界はサッカーとともに回り続ける 「プラネット・フットボール」の不都合な真実(河出書房新社 刊)
片野道郎 著

親子で学ぶ サッカー世界図鑑 ロシアW杯編(スクワッド 刊)
サッカー新聞 エルゴラッソ編集部 編

マヌエル・ノイアー伝記(実業之日本社 刊)
ディートリッヒ・シュルツェ=マルメリンク 著
吉田奈保子、山内めぐみ 訳

人生はジャイアントキリング! ジェイミー・ヴァーディ自伝(日本文芸社 刊)
ジェイミー・ヴァーディー 著
小林玲子 編

サッカーマティクス 数学が解明する強豪チーム「勝利の方程式」(光文社 刊)
デイヴィッド・サンプター 著
千葉敏生 訳

信念 己に勝ち続けるという挑戦(カンゼン 刊)
ディエゴ・シメオネ 著
江間慎一郎 訳

THE WENGER REVOLUTION:Twenty Years of Arsenal ヴェンゲル20周年 アーセナル写真集(ソル・メディア 刊)
エイミー・ローレンス 著
グレイヴストック陽子 訳

モンチ・メソッド ゼロから目的を見つける能力(ソル・メディア 刊)
ダニエル・ピニージャ 著
木村浩嗣 訳

※投票を締め切りました。

【了】

新着記事

↑top