「GK、うしろうしろ!」。ドイツ2部のうっかり失点が話題

2018年02月25日(Sun)9時33分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

マルク・フレッケン
デュイスブルクのGKマルク・フレッケン【写真:Getty Images】

 ドイツ・ブンデスリーガ2部で24日、珍しいゴールが決まった。

 話題のゴールが生まれたのは、デュイスブルク対インゴルシュタットの一戦。デュイスブルクが1点リードで迎えた18分に、問題が発生した。

 インゴルシュタットがロングフィードを送ると、デュイスブルクはDFが競り合ってヘディングで後方へ戻した。しかし、そこには本来いるべきはずのGKマルク・フレッケンがいない。このボールをステファン・クチュケに押し込まれてゴールとなった。

 ゴールシーンのリプレイでは、クチュケがゴールを奪ったところでようやくフレッケンが登場している。ゴールの中でぼう然と構えをとっていた。

 別アングルからの映像で、フレッケンの“ポジショニング”の謎がはっきりとしている。相手のロングボールが出るタイミングで後ろを振り返り、ゴールの中に置いていた飲み物を手にした。そうこうしているうちにゴールを決められ、振り返ったときには時すでに遅し。味方からの冷たい視線を浴びていたという流れだ。

 フレッケンにとって救いだったのは、デュイスブルクが勝利を収めたことだ。勝ち越し点が決まったPKのときは「決まってくれと祈っていた」とフリッケン。「次の試合はボトルを持って行かないことにする」と試合後に語ったそうだ。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top