元仏代表MFナスリ、ドーピング違反で6ヶ月出場停止。米国での「治療」により

2018年02月28日(Wed)8時01分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

サミル・ナスリ
セビージャでプレーしていたサミル・ナスリ【写真:Getty Images】

 元フランス代表のMFサミル・ナスリは、ドーピングに関する規定に違反したとして6ヶ月間の出場停止処分を下された。欧州サッカー連盟(UEFA)が発表を行ったとして各国メディアが伝えている。

 ナスリはセビージャに所属していた2016年12月に、アメリカ・ロサンゼルスのクリニックにおいて静脈内点滴の治療を受けた。その治療内容が、世界アンチドーピング機関(WADA)の規定に反するものだったとされている。

 WADAの規定では、手術などの正当な理由がない限り、点滴は6時間で50mlが上限とされている。だがナスリがクリニックで受けた静脈内点滴では、栄養を含んだ滅菌水500mlが体に入れられたとのことだ。

 ナスリはセビージャへのレンタルを終えてマンチェスター・シティへ戻ったあと、昨年夏にトルコ1部のアンタルヤスポルへ完全移籍。だが1月末に契約を解消して退団し、現在はフリーとなっている。

【了】

新着記事

↑top