元リバプールDF、代表戦で顔面にボール受け意識失う…だがプレー続行

2018年03月26日(Mon)11時21分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

マルティン・シュクルテル
スロバキア代表のマルティン・シュクルテル【写真:Getty Images】

 スロバキア代表のDFマルティン・シュクルテルは、試合中に頭部にボールを受けて意識が朦朧とした状態になりながらも、治療を受けてそのままプレーを続行することになった。英紙『デイリー・メール』などが伝えている。

 スロバキア代表はタイで行われたキングスカップに出場し、25日に行われた決勝で開催国のタイ代表と対戦。3-2の勝利を収めて優勝を飾った。

 この試合に先発したシュクルテルは前半27分、相手選手の蹴ったボールを至近距離から顔面に受けてピッチに倒れ込んだ。目の焦点が定まらない様子のシュクルテルに対し、近寄ったチームメートはすぐさま口の中に手を入れ、飲み込んで窒息しないよう舌を引っ張り出した。

 その後もピッチ上で治療を受けたシュクルテルは意識を取り戻し、まさかのプレー続行。後半途中にベンチに下がるまで約45分間プレーした。試合後の検査では、特に異常は確認されなかったとのことだ。

 現在33歳のシュクルテルはリバプールで8年間にわたってプレーし、公式戦300試合以上に出場。2016年からはトルコのフェネルバフチェに所属している。

【了】

新着記事

↑top