レロイ・ザネ
ドイツ代表から外れたレロイ・ザネ【写真:Getty Images】

 ロシア・ワールドカップに出場する全32チームの最終登録メンバー23人が4日までに決定した。英メディア『スカイ・スポーツ』では、本大会に不参加となることが確定した選手たちによる「欠場者ベストイレブン」を選出している。

 代表チームの過去の試合や所属するクラブで活躍しながらも、チーム事情や不調など様々な理由で最終メンバーに残れなかった選手たちもいる。本大会不参加ながらも豪華な11人が選ばれた。

 GKはイングランドのジョー・ハート。かつてはイングランド代表の絶対的守護神に君臨していたが、マンチェスター・シティで居場所を失い、レンタルされたウェスト・ハムでも良いシーズンを過ごすことができなかった。

 DFはマルコス・アロンソ(スペイン)、ダビド・ルイス(ブラジル)、エメリック・ラポルト(フランス)の3人。アロンソは3月に代表デビューを果たしたが最終メンバーに残れず。ラポルトは期待されながらもフランス代表にまだデビューできていない。

 中盤はファビーニョ(ブラジル)、ジャック・ウィルシャー(イングランド)、ラジャ・ナインゴラン(ベルギー)、レロイ・ザネ(ドイツ)。ナインゴランは落選のショックからそのまま代表引退を表明した。ザネは今季マンチェスター・シティで公式戦14ゴール19アシストの活躍を見せながらもドイツの最終メンバーから漏れた。

 FWはアントニー・マルシアル(フランス)、マウロ・イカルディ(アルゼンチン)、アルバロ・モラタ(スペイン)の3人が選ばれている。イカルディはインテルでセリエA得点王となりながらもアルゼンチンの豪華FW陣に割って入れず。モラタはチェルシーで苦しいシーズン後半戦を過ごした。

【了】

★W杯予選まとめはこちら★

新着記事

FChan TV

↑top