イングランド、躍進の秘密は「バスケ」にあり。驚異のセットプレー、専門コーチの存在価値【ロシアW杯】

ロシアワールドカップのベスト4が出揃った。準々決勝でスウェーデン代表を下したイングランド代表は、7大会ぶりの準決勝に駒を進めている。彼らの大きな武器はセットプレーだ。緻密に設計され、事前の入念な準備によって繰り出される破壊的な一発が、スリーライオンズの躍進を支えている。(文:舩木渉)

2018年07月08日(Sun)9時51分配信

text by 舩木渉 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

11得点中8得点がセットプレーから

マグワイア
イングランドはまたしてもセットプレーからゴールを奪った。ハリー・マグワイアが先制ヘディング弾【写真:Getty Images】

 イングランド代表が、次々と歴史を塗り替えている。

 ロシアワールドカップの決勝トーナメント1回戦では、ずっと苦手だと言われ続けてきたPK戦に勝利した。ワールドカップでは4度目の挑戦で、勝ったのは初めてだった。

 そして迎えた7日の準々決勝。堅守を武器に躍進していたスウェーデンを2-0で下し、28年ぶりのベスト4進出を成し遂げた。スティーブン・ジェラードも、リオ・ファーディナンドも、マイケル・オーウェンも、デイビッド・ベッカムも、さらには現役時代のガレス・サウスゲイト監督も立つことができなかった舞台が、ワールドカップの準決勝である。

 スウェーデンの守備のアプローチはこれまでと大きく変わらなかった。4-4-2のコンパクトなブロックを敷き、相手をサイドに追い込んでいく。4バックはペナルティエリアの幅を保つため、中央からシュートを打つのは容易ではない。サイドからクロスを上げても、190cm級の長身DFたちがことごとく跳ね返していく。しばらくはイングランドもこの守備に苦しめられた。

 試合の流れが大きく変わったのは、30分だった。アシュリー・ヤングが蹴った左コーナーキックに、中央でハリー・マグワイアが強烈なヘディングシュート。ついにスウェーデンの堅守を破った。

 今大会、イングランドはセットプレーで驚異的な強さを発揮している。グループリーグから通じて11得点を奪っているが、流れの中で挙げたゴールはスウェーデン戦の2点目など3つのみ。一方、PKを含むセットプレーから8つものゴールを記録している。

 これは今大会で断トツトップの数字であるばかりか、イングランドがワールドカップで優勝した1966年大会と同じ数だという。当時は決勝までの試合数が現在より1試合分少なかったものの、イングランドは計11得点を挙げていた。

 セットプレーは試合の流れに関係なくゴールを奪える「別の試合」とも言える。主導権は100%攻撃側にあり、あらかじめ準備したように選手たちを動かし、意図した通りにゴールネットを揺らせる大きなチャンスがある。

 ロシアワールドカップではビデオアシスタントレフェリー(VAR)導入の影響もあってPKの増加や、セットプレーからのゴールの重要性が見直されつつあるが、イングランドは大会前から周到に準備を重ねてきた。

 鍵になったのは昨年3月からストライカーコーチとして入閣した、アラン・ラッセルという人物である。スコットランド出身で、主に下部リーグでプレーしていた37歳の元ストライカーが、今大会はセットプレーをデザインする仕事にも従事してきた。

1 2 3

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top