バルサ許さない。怒りのローマ会長、謝罪受け入れ唯一の方法は…メッシの譲渡

2018年07月27日(Fri)8時16分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

ジェームズ・パロッタ会長
ローマのジェームズ・パロッタ会長【写真:Getty Images】

 バルセロナが24日、リーグアンのボルドーに所属する21歳のブラジル人FWマルコムを獲得したと発表した。これに対し、先に合意発表をしていたローマのジェームズ・パロッタ会長が不快感を示したと、26日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

 事の発端は、ボルドー側の心変わりにある。現地時間23日にローマがマルコム獲得に関する合意を発表。移籍金3600万ユーロ(約46億9000万円)でクラブ間合意し、翌日にもメディカルチェックと最終交渉を行う予定だった。しかし、直前になってバルセロナがローマよりも良い条件のオファーを提示。これを受けて所属元のボルドーが心変わりし、マルコムに出発許可を出さなかった。

 マルコム横取りの噂が流れてから獲得発表するまで24時間経たないうちにバルセロナが移籍金4100万ユーロ(約53億3000万円)+ボーナス1000万ユーロ(約13億円)でマルコムを獲得したと発表。この一連の流れに怒りを覚えたローマ側は、訴訟を検討しているとの情報もある。

 パロッタ会長は同メディアのインタビューに答え「我々はマルコムと契約を結んでいた。午後10時頃に飛行機に乗るか、もしくは午後10時頃にこちらに到着すると期待していた。ファンもそれについて知り、空港で待っていたよ。我々が懸念していたのは最終交渉の部分だけ。メディカルチェック後に行う予定だった。なぜなら取引が完了した旨の電子メールやテキスト、さらにはビデオ会議の記録など、膨大な量の証拠があるのだから」と語った。

 続けて「我々は夜になり、マルコムが飛行機に乗っていないことを知った。ボルドーが出発許可を出さなかったという。突然バルセロナが介入してきて全てが混乱に陥ったんだ。それと代理人はローマに来るとはっきり言っていた。数百万ユーロを上乗せした新しいオファーに対し、彼らはサインして2時の飛行機に乗るとも言った」とし、「私の考えを言わせてもらえれば、ボルドーの行動は我々を馬鹿にしている。我々はすでに訴訟に向けた話し合いを進めている」と答えた。

 また、バルセロナに関しては「私は謝罪を一切受け入れられない。唯一受け入れる可能性があるとすれば、選手を我々に譲ってくれた場合だ。当然実現しないだろうが、親善の証としてリオネル・メッシを我々に譲るとかね」とコメントしている。

【了】

ワールドカップ
ワールドカップ日程・結果
ワールドカップの日程・結果をチェック。開幕戦は、日本時間の2018年6月15日(金)0時キックオフ!
日本代表
日本代表特集
日本代表の最新ニュース・コラムをチェック。日本代表のワールドカップ試合日程やメンバーは?
旗
ワールドカップ出場国紹介
ワールドカップ出場国をチェック。各国の情報や注目選手、グループリーグの順位は?
美女
美女サポーター特集
ワールドカップ出場国の美女たちを紹介する。お気に入りの美女を見つけよう!

 

新着記事

↑top