ベルギーリーグに挑む日本人選手、第2節結果まとめ。遠藤が鮮烈デビュー、久保は決定機逃す【編集部フォーカス】

現地時間3日から5日にかけてジュピラー・プロ・リーグ第2節が行われた。昨季から同リーグで活躍する森岡亮太、豊川雄太、久保裕也、冨安健洋に加え新たに遠藤航、関根貴大、植田直通の3人がジュピラー・プロ・リーグに初参戦。計7名もの日本人選手が所属する同リーグには国内からも注目が集まるが、サムライたちの2戦目はどのような結果となったのだろうか。

2018年08月06日(Mon)10時02分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

久保裕也
久保裕也【写真:Getty Images】

所属:ヘント
第2節 VSズルテ・ワレヘム(1-1△)
プレー時間:63分(0得点0アシスト)

 2試合連続で先発出場を果たした久保。54分にPKのキッカーを任され今季初ゴールを挙げる大チャンスを得たが、相手GKの好セーブに遭いこれを失敗している。その直後の63分に交代を命じられている。

 前節はGKと1対1の決定機を外してしまうなどゴールの遠い久保。チームもドローに終わっており、不安な空気が流れている。

【次ページ】豊川雄太

1 2 3 4 5 6 7

新着記事

FChan TV

↑top