日本の10番・中島。果敢なドリブル突破は「積極的に狙っていきたいと思った」

2018年09月12日(Wed)0時18分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

中島翔哉
コスタリカ戦で先発出場を果たした中島翔哉【写真:Getty Images】

【日本 3-0 コスタリカ キリンチャレンジカップ2018】

 日本代表は11日、パナソニックスタジアム吹田でコスタリカ代表と対戦し、3-0で勝利を収めた。

 この試合で背番号10を身にまとい、左サイドハーフとして先発出場を果たした中島翔哉は「試合が凄く楽しかったですし、チームメートもすごく助けてくれて、本当に楽しかった試合でした」とコメントし、続けて「10番っていうのはサッカーでは特別な番号だと思いますし、それも含めてすごく楽しかったですね」と話している。

 中島は左サイドで大きく躍動した。果敢にドリブルを仕掛けては自らシュートまで持ち込む場面を多く作り、時には効果的なクロスでチームの決定機を演出していた。結果的には得点を奪うことはできなかったが、随所で違いを魅せていたのは間違いない。

 背番号10は「サッカーはやっぱりゴールを奪うスポーツなので、それは(仕掛け)積極的に狙っていきたいと思ったし、それを求められて試合にも出てると思うので、ボールを失うのはよくないですけど、できるだけチャンスだったり、シュートを打ちに行こうとは思ってました」と自身のプレーを振り返っている。

 チームの先制ゴールは中島の蹴ったCKから生まれたものだった。また、2点目の場面でも起点となるスルーパスを遠藤航に供給したのは同選手であった。背番号10は2点目のシーンについて「(リオ)オリンピックでずっとやってた選手なんで、絡んでのゴールだったんですけど、それはお互いがどういうプレーをするかって分かってますし、自然といいプレーができたかなと思います」と述べている。

「できるだけボールを保持して攻撃的に行くっていうのは練習からそういうのをしてたんで、それはしっかりとある程度出せたのかなと思います」とコスタリカ戦を振り返った中島。森保ジャパンの初陣に華を添えた背番号10は、大阪の地で最高のアピールに成功した。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

【了】

新着記事

FChan TV

↑top