原口元気、新戦力の台頭に奮起「やらなきゃいけないと感じていた」

2018年10月13日(Sat)1時46分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

181012_haraguchi_getty
原口元気【写真:Getty Images】

【日本 3-0 パナマ キリンチャレンジカップ2018】

 日本代表は12日、キリンチャレンジカップ2018でパナマ代表と対戦し3-0と勝利した。

 ロシアワールドカップで日本のベスト16入りに大きく貢献した原口元気は、この日が森保ジャパンでの初出場となった。

「新たなスタートという感じがしました。メンバーもそうだし、監督もそうだし、チームの雰囲気も。若い選手からはやってやるという気持ちが感じられるし、今までいた選手もまた新しいスタートという意味ですごくパワーを感じていた」

 パナマについては「本当に悪くない相手でした」と言う。そして、「特に前半に関しては一つひとつの球際が強かったし、かわしてくるところもパワーがあった。なかなか掴みにくい相手で、そこに最初うまく対応できていなかった」と振り返った。

 それでも後半は、相手が「間延びしてきて、僕らだったりセンターフォワードにボールが入るようになって、形としては作りやすくなった」と原口。ドリブルからのラストパスで3点目を呼び込むなど、一定のクオリティは示した。

 2列目には多彩な顔ぶれが揃う。得点を決めた伊東純也はもちろん、中島翔哉や堂安律など様々な個性が台頭している。原口は「本当に、若くて才能のある選手が自分のポジションにいますし、やらなきゃいけないと感じていた」と、新戦力の出現に奮起。「もちろん点を取りたかったけど、最低限、点に絡めて良かったです」と自身に及第点をつけた。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top