「日本と韓国はチームができあがっている」。ウルグアイ監督、アジアでの2連敗に…

2018年10月16日(Tue)22時46分配信


Tags: , , , , , , ,

オスカル・タバレス
ウルグアイ代表のオスカル・タバレス監督【写真:Getty Images】

【日本 4-3 ウルグアイ キリンチャレンジカップ2018】

 キリンチャレンジカップ2018の試合が16日に行われ、日本代表とウルグアイ代表が対戦。FIFAランキング5位の強豪相手に優位に試合を進めた森保ジャパンが4-3の勝利を飾った。

 前半は南野拓実の2試合連続ゴールと大迫勇也のゴールで2点を奪った日本が2-1のリードで折り返す。後半には両チーム2点ずつを加え、合計7ゴールの乱戦の末に日本が勝利を収める結果となった。

「今日は7ゴールが入る試合となった。両チームとも守備のミスが目立ち、もっと決めってもおかしくないチャンスもあった」とウルグアイのオスカル・タバレス監督は試合後の会見で語った。「日本代表には祝福の言葉を贈りたい。今日の勝ちにふさわしい戦いだったと思う」と日本を称えている。

 ウルグアイは12日の韓国戦にも1-2で敗れており、今回のアジア遠征で2連敗となった。「日本と韓国、どちらも非常に良いチーム。韓国はインテンシティーの高さに驚かされた。日本は非常にスピードが速く、コンビネーションがとても良かった」とタバレス監督は両チームを評した。

「日本と韓国は我々よりも明確なチームができあがっている。それがアジアのチームとの違いだと思う」と分析。「我々は時間を使いながら新たな可能性を模索していく段階にある。今後に向けて何を修正していくか見極めることがより重要だった」とチームの現状について語った。

「長旅のせいであったとか、疲労が蓄積していたせいだとか、そういう言い訳はしたくない。今日の試合でウルグアイの良かった点は、ミスがあっても前向きにプレーしたこと。そういった姿勢がワールドカップなどでも重要になる」とチームの戦いぶりをポジティブにと捉えている。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top