本田圭佑の現状。Jリーグのベンゲルのように…。新天地に植え付ける“勝者のメンタリティ”

オーストラリアに活躍の場を移した本田圭佑。所属するメルボルン・ビクトリーの練習は異例とも言える完全公開の環境であり、現地でのサッカー人気は決して高くない。欧州で活躍を続けた本田は新天地のメンタリティを変えていくはずだ。(取材・文:元川悦子【メルボルン】)

2018年10月26日(Fri)10時50分配信

text by 元川悦子 photo Etsuko Motokawa
Tags: , , ,

「本田のプロ意識は他選手の模範になるはず」

181026_1_motokawa
本田圭佑【写真:元川悦子】

 森保一監督率いる日本代表復帰は一切考えず、2020年東京五輪だけを見据えて突き進む意思を鮮明にした本田圭佑(メルボルン・ビクトリー)。その彼は目下、新天地で自身を研ぎ澄ませることだけに集中している。

 メルボルンVの練習場は、ホームスタジアムの1つであるAAMIパークの隣にある「ゴシュ・パドック」という芝生広場だ。AAMIパークは2015年アジアカップ・ヨルダン戦(2-0で勝利)の会場で、本田も先制弾を叩き出している縁起のいい場所でもある。ただ、隣の練習場は柵も何もない、だだっ広い広場だ。

 名古屋グランパスとVVVフェンロ時代のトレーニング施設はファンが見学可能ではあったものの、CSKAモスクワ、ACミラン、パチューカの3クラブはクローズな環境。報道陣でも中に入るのは容易ではなかった。

 その本田がオーストラリアでは連日、衆人環視の中、トレーニングを実施し、ファンサービスも行うことになった。当初は戸惑いもあっただろう。が、新天地生活も3カ月目に突入した今は「この環境に慣れた? まあぼちぼちですね」と本人も余裕を感じさせていた。

 20日のメルボルン・シティとのダービーマッチの後、メルボルンVは今週末28日のグローリー・パースとのホームゲームに向け、22日から再始動している。22日は各々リカバリーに努めたが、本田は業務提携した帝京大学から派遣されたトレーナーと2人で外に出て、ゴシュ・パドックとは反対側にあるオリンピックパークで30分ほどランニングやストレッチを消化した。

 他の先発組はジムやプールなど室内練習のみだったのに、本田だけはしっかりと日の光を浴びて体を動かした。それはコンディション維持に対する意識が高い証拠。地元紙「ヘラルド・サン」で7年間、メルボルンVの担当をしているデイビッド・ダビュトビッチ記者は「本田のプロ意識は他選手の模範になるはず」と太鼓判を押した。

1 2 3 4

新着記事

↑top