U-19日本、W杯かけた決戦に6万人超が集結か。影山監督は完全アウェイもジョークで爆笑誘う

2018年10月27日(Sat)17時33分配信

photo Wataru Funaki
Tags: , , , , , ,

影山雅永
U-19日本代表の影山雅永監督【写真:舩木渉】

 U-19日本代表の影山雅永監督は27日、翌日のAFC U-19選手権準々決勝に向けた公式記者会見に臨んだ。

 地元インドネシアとのU-20ワールドカップ出場権をかけた大一番は、約7万7000人収容のスタジアムで行われる。ホームかつ日曜日の開催ということで、5万5000枚の前売りチケットが売れているという。最終的には6万5000人ほどの大観衆が自国代表の選手に声援を送ると見られている。

 当然、日本にとっては完全アウェイの状況。だが影山監督は「私が知る限り、このスタジアムが満員になったら7万5000人くらいですよね? 5万5000人じゃ十分じゃないですよ! 2万人足りないですね」とジョークで会場の爆笑を誘った。

 U-19日本代表にはJ1クラブで出場機会を獲得している選手もいる。だが、「5万人以上の全員がアウェイサポーターという状況でプレーするのは初めてでしょう」と影山監督は語る。そのうえで「もし近い将来、代表選手になりたいのであれば、彼らにとって今回の試合はとてつもなく素晴らしい経験になる」と日本の選手たちに奮起を促した。

 インドネシアのサッカーファンは熱狂的で知られている。もちろん影山監督も「彼らはホームスタジアムで戦うことができ、国全体が彼らのことを応援しています。選手たちにとっては大きなアドバンテージになる」と認めている。

 その中で萎縮せず、普段通りのパフォーマンスを発揮できるか。3月に同じ会場でU-19インドネシア代表と対戦した際は4-1で勝利しており、いいイメージを持っている選手も多いはず。しっかりと勝って、来年ポーランドで行われるU-20ワールドカップ出場権を勝ち取りたいところだ。

(取材・文:舩木渉【インドネシア】)

【了】

新着記事

↑top