遠藤保仁がJ1通算600試合出場達成。フィールドプレイヤーでは初の偉業

2018年11月10日(Sat)15時04分配信

photo Getty Images for DAZN
Tags: , , , ,

遠藤保仁
ガンバ大阪の遠藤保仁【写真:Getty Images for DAZN】

 J1のガンバ大阪に所属する元日本代表MF遠藤保仁は、フィールドプレイヤーでは初となるJ1通算600試合出場を達成した。

 今季のJ1でここまで全試合出場を続けてきた遠藤は、10日に行われている明治安田生命J1リーグ第32節の湘南ベルマーレ戦にも先発で出場。これにより通算出場数が600試合の大台に到達した。

 J1での最多出場記録は名古屋グランパスのGK楢崎正剛が保持しており、その記録は631試合。遠藤の出場試合数は楢崎に次ぐ2位であり、フィールドプレイヤーでは初めて600試合に出場した選手となった。

 現在38歳の遠藤は1998年に鹿児島実業高校から横浜フリューゲルスに入団。クラブ消滅前の最後の年となった横浜Fでリーグ戦16試合に出場した。続いて移籍した京都パープルサンガ(現京都サンガFC)では2シーズンでリーグ戦53試合を戦った。

 2001年に加入したG大阪では今季で18シーズン目。チームがJ2に降格した2013年を除く通算17シーズンをJ1で戦ってきた。京都時代から19シーズン連続でリーグ戦25試合以上、2009年から今季まで10シーズン連続で30試合以上出場という“鉄人”ぶりを発揮し続けている。

【了】

新着記事

↑top