三竿健斗、鹿島でACL初制覇に貢献「歴史に名を残すことをずっと考えていた」

2018年11月14日(Wed)8時10分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

三竿健斗
日本代表の三竿健斗【写真:Getty Images】

 日本代表は13日、16日に大分銀行ドームで行われるキリンチャレンジカップ2018のベネズエラ戦を前にした合宿2日目の練習を行った。

 来年1月に開催されるアジアカップ前最後のテストマッチで三竿健斗は代表に選出されている。まず、鹿島アントラーズの選手としてACL決勝で日本を背負って戦った経験について聞かれると三竿は「あまりそこまで考えていなかった。鹿島の選手として、鹿島が獲ったことのないタイトルなので、それを獲って歴史に名を残すというのをずっと考えていたので。日の丸を背負うというよりは鹿島のためにという思いが強かったです」と語っている。

 ACL決勝2ndレグはイラン1部ペルセポリスのホームに乗り込んで戦った。ブブゼラが鳴り響く中での試合に関して「あの雰囲気はなかなかないと思う。その中でレギュレーション的にホーム&アウェイでやることははっきりしていたので、声が聞こえなくてもみんなやるプレーは共有しやすい状況だった。その中でしっかりと失点しなかったことがすごく大きな経験かなと思います」とコメント。

 過密日程により、コンディション的に厳しい部分もあるが三竿は「この日程でやったのは初めてだったので、最初はきつかったですけど、今は中3日あれば全然大丈夫という感じ。自分としては選手として強くなったなというのはありますし、負けて言うのはただの負け惜しみだったので。みんなで勝って言おうね、みたいな話はしていて。勝ってよかったです」と話している。

(取材:舩木渉、文・構成:編集部)

【了】

新着記事

FChan TV

↑top