香川真司は過密日程でも出番なし? メンバー充実ドルト、チーム固定進行中

24日にマインツと対戦するドルトムント。現地メディアによると、香川真司は今節もメンバー外となりそうだ。指揮官は「1試合ごとにメンバーを選ぶ」としているが、状況をひっくり返すのは簡単ではない。(取材・文:本田千尋【ドイツ】)

2018年11月24日(Sat)10時20分配信

text by 本田千尋 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

万全のチーム状態で過密日程へ

香川真司
ドルトムントのMF香川真司【写真:Getty Images】

 再び始まる怒涛の日々—。11月23日から再開するブンデスリーガ。ボルシア・ドルトムントは24日にアウェイで1.FSVマインツ05と戦う。今年最後の過密日程だ。代表ウィークに入る直前の試合で、バイエルン・ミュンヘンを退けて堂々の首位に立つドルトムントの選手たちは、およそ4週間のうちに「8試合」をこなすことになる。

 決勝トーナメント進出が懸かっている28日のCLクラブ・ブルージュ戦、12月8日のFCシャルケ04とのレヴィア・ダービー、そして今年最後の試合に現在2位と好調のボルシアMGとの一戦…ウィンター・ブレイクに入る前のこの1ヶ月も、重要な試合が目白押しだ。

 もちろんその3試合だけでなく、1つ1つの戦いが重要だ。勝ち点3が懸かっていないゲームはない。慌ただしくタフな日々が続くことは間違いないが、22日に行われた会見でルシアン・ファブレ監督が語るところでは、陣容は整っているという。スイス人指揮官は次のように語った。

「今日のトレーニングには全員がいた。全ての選手のコンディションが整っている。これ以上怪我人はいない。(マルセル・)シュメルツァーだけが今日チームと共にトレーニングをし始めた」

 パコ・アルカセルについては、2年間以上90分間プレーしていなかったことを理由に、まだ時間は必要と考えている。いずれにせよ、シュメルツァー以外の「全ての選手」がマインツ戦で起用可能な状態にあるようだ。

1 2

Comments

comments

新着記事

FChan TV

↑top