【トルクメニスタン戦スタメン案】“中島の代役”よりも注目。最大の懸念を払拭する起用を。日本代表のイレブンをFチャン編集部が厳選

日本代表は9日、AFCアジアカップ2019でトルクメニスタン代表と対戦する。ロシアワールドカップ後に森保一監督体制がスタート。5試合を戦い4勝1分という成績で2018年を終えた。上り調子のまま、森保ジャパンは初の公式大会であるアジアカップに臨むこととなる。2大会ぶりの優勝を果たす上で、初戦は結果が求められる。

2019年01月09日(Wed)10時00分配信

text by 編集部
Tags: , , , , , , ,

自分たちの首を絞める展開にはしたくない

gen
フットボールチャンネル編集部が提言する日本代表のトルクメニスタン戦スタメン案

 ロシアワールドカップでベスト16に入った日本だが、アジアでの戦いは一筋縄ではいかない。実力差はあっても苦戦する試合はあるはずで、初戦は一層気を引き締めて挑む必要がある。

 新生日本代表の顔になりつつあった中島翔哉、急成長中の守田英正が離脱し、推進力を生かしたプレーで存在感を示していた遠藤航も体調不良で出遅れた。こうしたチーム状況も、優勝への厳しい道のりを予感させる。

 とはいえ、苦境を打破してこそ意味があるだろう。親善試合で結果を残した森保ジャパンが真剣勝負で何を見せられるか。チーム全体で頂点を目指す姿勢を示したいところだ。様々なメンバー構成が考えられるなか、トルクメニスタンとの一戦で指揮官はどのような11人を送り出すのだろうか。

 GKにはJ1サガン鳥栖で獅子奮迅の働きを見せた権田修一を推す。守護神争いは横一戦だが、権田もチームに安心をもたらせる存在だ。

 最終ラインは4枚で長友佑都、三浦弦太、吉田麻也、酒井宏樹。何が起こるかわからないアジアの舞台にあって、経験豊富な選手の働きは不可欠。先に失点するようなことがあれば相手は守備を固め、崩すのはより難しくなる。自分たちの首を絞める展開にさせないためにも、ベテランの頼もしさが必要だ。

1 2

Comments

comments

新着記事

FChan TV

↑top