森保監督、初戦勝利に一定の評価。「ボディブローのように効いていた」プレーとは?

2019年01月09日(Wed)22時59分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

森保一
森保一監督【写真:Getty Images】

【日本 3-2 トルクメニスタン AFCアジアカップ グループリーグ第1節】

 日本代表は9日、AFCアジアカップ・グループリーグ第1節でトルクメニスタン代表と対戦し、3-2と逆転勝利を収めた。

 試合後の会見に臨んだ森保一監督は「厳しい戦いになることはチームで共有して今日のトルクメニスタン戦に臨みました。予想と言っていいかわかりませんが、初戦特有の試合になったと思います」と述べた。勝利で終えたが、「内容的には攻守ともに上げていかなければいけないところを、次の試合で課題としてやっていきたいと思います」と反省点も口にしている。

 前半は相手のブロックを崩しきれず、逆に強烈なシュートを叩き込まれビハインドを背負った。0-1で迎えたハーフタイムでは「まずはもう一度、前半を振り返って基本的なところを、切り替えの部分であったり、球際の部分とか、そういう予測するところ等々、ベースの部分を確認しました」と明かす。さらに「相手がブロックを作って、引いて試合を進めてきている中で、我々は先制点を献上して難しい状況になったことで、少し背後への動きだしを入れていこう」とイレブンに伝えたという。

 この試合に向けた調整に関しては「暑い中での試合になるという準備はできていた」としつつ、「振り返ってみるとまだやれることがあったのかもしれない」とも振り返った。

 トルクメニスタン戦では南野拓実に代えて北川航也を投入した。この選手交代については「さらに前線でタメを作ってもらって、前線の攻撃を活性化してもらったり、勝っている状況で守備にも貢献してもらうために北川を入れました」と森保監督は述べた。

 最終的には勝利で大会をスタートさせた日本代表。前半は苦しめられたが、「ボールを動かしたことが相手にとってボディブローのように効いていたと思います」と森保監督は言う。そして、「縦パスからのコンビネーションでもう少しで得点になりそうな場面を作れたところは、今後相手にとってより危険な攻撃をしていけるようにできればと思います」と、次節以降への抱負も口にした。

(取材:舩木渉、文・構成:編集部)

【了】

新着記事

FChan TV

↑top