権田修一、結果の重要性を強調。「結果を出し続ける人が世界で勝てる」

2019年01月10日(Thu)1時40分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

権田修一
日本代表の権田修一【写真:Getty Images】

【日本 3-2 トルクメニスタン AFCアジアカップ グループリーグ第1節】

 AFCアジアカップUAE2019のグループステージF組第1節が現地時間の9日に行われ、日本代表がトルクメニスタン代表に3-2の勝利を収めた。GK権田修一は、苦しい戦いを強いられながらも勝ち点3を獲得したことの意義を強調している。

 日本代表は特に前半に苦戦を強いられ、0-1のビハインドでハーフタイムを迎えた。「前半はスムーズではなかったのはあるかなと思います」「自分たちがやりたいことがなかなかうまくいってないなというのは感じました」と権田はその戦いぶりについて振り返る。

「今までキリンチャレンジ(カップ)でやっていたような、ああいう連動性があったりというのはなかなか見せられなかった。それがなぜできなかったか、みんなもどかしさもあると思う」と述べつつ、「今日は勝ち点3を取れたことと、色々な反省点が出たということが今後に生きる試合なのかな」とポジティブに捉えている。

 チームだけではなく個人としても、結果が全てだと権田は語る。「結局僕らは結果なので。僕もああいうシュートが来ると分かっていました、でもやられてしまいました。それが結果じゃないですか。その結果を高いレベルで出し続けられる人が世界で勝てる選手なので」

 結果を出すために、試合ごとに成長を続けていくことにも意欲を見せた。「僕自身はもうすぐ30歳ですけど、A代表ではほとんど経験がないし、こういう大会も初めてのチャレンジになるので。もしかしたら引っ張らなきゃいけない歳なのかもしれないですけど、まだまだ成長しなければいけないと思っている。今日の試合でもそういうことがあってもめげずに、とにかくどんどん上に行けるようにやっていかないといけないと思います」

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

【了】

新着記事

FChan TV

↑top