北川航也、失点に繋がるミスも「チャレンジした結果なので後悔はない」

2019年01月11日(Fri)9時43分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

北川航也
日本代表の北川航也【写真:Getty Images】

 日本代表は現地時間9日にアジアカップ2019の初戦を戦い、トルクメニスタン代表に3-2の勝利を収めた。一夜明けた10日、FW北川航也が前日の試合について振り返った。

 前半を1点ビハインドで折り返した日本は、後半にFW大迫勇也の2ゴールとMF堂安律のゴールで3-1と逆転。北川はその後交代で投入されたが、トルクメニスタンの2点目となるPKに繋がるプレーでボールを奪われてしまった。

「ミスをしないというのが一番なんですけど、ミスした後のリカバリーというのが自分の中で整理されていなかったというところもあると思います。ミスがあるスポーツだと思うので、それを試合の中で挽回できればと思いますけど」と北川はコメントしている。

 ボールを奪われたプレーについては「自分が前向けると思ってチャレンジした結果なので、そこに対しての後悔はないです」と北川。「結果を見ればそれが失点に繋がっているし、それで相手が勢いづいたというのは確かです」と反省しながらも、「前を向こうとしてチャレンジしたことに対してはネガティブな感じではないです」と語った。

 今後も積極的な姿勢を失うことなくプレーの改善に努めていきたいと北川は主張している。「いつもだったら抜けているかなと思うし、これが(国際試合の)違いかなとも感じるので、そこは自分も学習しながらやっていければと。それでも前を向くことはやめてはいけないと思うし、それが自分の強みでもあると思います」

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

【了】

新着記事

FChan TV

↑top