GKシュミット、アジア杯のボールに「不規則な変化をする。日本ももっとミドルを」

2019年01月11日(Fri)11時30分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

シュミット・ダニエル
日本代表のシュミット・ダニエル【写真:Getty Images】

 日本代表は現地時間9日にアジアカップ2019の初戦を戦い、トルクメニスタン代表に3-2の勝利を収めた。一夜明けた10日、GKシュミット・ダニエルが前日の試合について振り返った。

 森保ジャパンは前半に先制点を奪われ、最終的に逆転勝利を収めたが苦しい戦いを強いられた。トルクメニスタンの先制点となった強烈なミドルシュートは、慣れないボールの影響もあってGK権田修一にとっては対応が難しいものだったとシュミットは語る。

「普通のJリーグで使っているボールとかだと、しっかりした回転がある程度かかっていれば変化することはないんですけど、今使っているボールは少し回転がかかっていても不規則な変化をするので。あれは本当に難しいシュートだったと思います」

 練習の中でも準備はしていたが、短期間での適応は簡単ではないようだ。「最初のCKとか、権ちゃん(権田)がギリギリ触れなくてというのがあったと思うんですけど、あれもJリーグのボールだったらもう少し落ちてくるのが速いので。グンと最後に伸びる感じがある。なかなかアジャストするのは難しいと言うか、この準備期間じゃ難しいかなと思います」

 しかし、日本もそのボールの特徴を活かしたプレーを考えていくべきかもしれない。「逆に言えば日本ももっともっとミドルを打っていいかなと思うし、打てる人もいますし。ポジティブな捉え方をすれば…」とシュミットは攻撃陣への期待を述べた。

 試合自体については、「先制点を取られるというのはちょっと予想外でした。もう少し0-0で相手が守って守ってみたいな展開は考えていましたが」とシュミット。「やっぱり難しいんだなと。でも、1点取れば絶対優位になるとは思っていたので。2点目もサコくん(大迫勇也)がすぐ取ってくれたのがすごく大きかったですね」と後半の逆転劇を振り返っている。

(取材:舩木渉、文・構成:編集部)

【了】

新着記事

FChan TV

↑top