森保監督、判定巡る質問にも冷静「ジャッジが全て」「両チームの選手たちを称えたい」

2019年01月14日(Mon)1時58分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

森保一
森保一監督【写真:Getty Images】

【日本 1-0 オマーン AFCアジアカップ グループリーグ第2節】

 日本代表は13日、AFCアジアカップ・グループリーグ第2節でオマーン代表と対戦し1-0と勝利した。

 多くのチャンスを作りながらゴールは1点のみ。後半は相手にペースを譲る時間帯もあった。それでも森保一監督は、苦しみながらの勝利に価値を見出している。

「すべての試合が難しく厳しいと覚悟しています。今日の試合、チャンスで言えば前半のうちにもっと決めて、楽なゲーム展開にできればというところがありますし、1点取った後に追加点を取れればよりいい形でゲームを進められたと思いますけど、そう簡単に相手は進めさせてくれない。これからの試合も厳しくなるということを、今日の試合からも学んで我々は進んでいけると思います」

 会見ではオマーンの記者からジャッジに関する質問が飛んだ。日本は原口元気のPKが決勝点となった。一方でオマーンも前半45分、ミドルシュートを放つとこれが長友佑都にブロックされた。その際、オマーンの選手たちは長友のハンドを主審にアピールしていた。

 森保監督は「レフェリーのジャッジに従おうと思っていますので、レフェリーのジャッジが全てかなと思っています」とした。そして「試合の結果は我々が得たPKを決めて、1-0で我々が勝利したことになりましたが、試合の結果だけではなく、日本とオマーンがいい戦いをして、いいフットボールをして試合ができた。その内容の部分で監督として両チームの選手たちを称えたいと思います」と続けた。

 日本は今大会で優勝候補の一角に挙げられるが、指揮官は「この大会に参加しているすべての国にチャンスがあると思います」とし、「次のノックアウトステージに進んだチームすべてに力があって、チャンスがあると思っています。我々はもちろん優勝を目指して戦っていますが、自分たちがこの大会で成長しながら7試合戦うということを次の一戦に向けて準備したいと思います」と語った。

(取材:舩木渉、文・構成:編集部)

【了】

新着記事

↑top