冨安健洋、アジアカップ期間中での成長誓う。「得点を取れる選手になりたい」

2019年01月19日(Sat)22時10分配信


Tags: , , , , , , , ,

冨安健洋
冨安健洋【写真:Getty Images】

 UAEで開催中のアジアカップで2大会ぶりの優勝を目指す日本代表は19日、21日に対戦するサウジアラビア戦を前に練習を行なった。

 日本代表DF冨安健洋は初戦のトルクメニスタン戦ではボランチで、2戦目のオマーン戦ではセンターバックで先発フル出場し、1位通過が懸かったウズベキスタン戦では後半ATに守備固めで出場した。そんな冨安は大会期間中での成長を誓った。

 冨安は次のサウジアラビア戦について「得点を取れる選手になりたいですし、周りからもそういう選手になれと言われたので、チャンスがあれば狙いたいと思っています」と得点に意欲を示した。

 先に海外に出た先輩であるDF酒井宏樹にアドバイスをもらっていると言う冨安は「前回のオマーン戦で全然競り合いに勝てなくて、そこの部分で、ドイツとか行ったら自分のタイミングで競らせてくれない相手とかもいますし、どんどん経験していったらいいよと言われましたし、宏樹くんもたくさんやられてきて成長していると。そういった先輩たちからのアドバイスも受けながら、成長できればいいなと思っています」と話した。

 また、具体的なアドバイスとして「体をぶつける、競り合いについてなんですけど、体をぶつけるだったり、先に入れるだったり、入ることだったりのアドバイスでした。僕自身はヘディングもそんなに得意でもないので、あまりジャンプのタイミングが合わなかったりとか、どちらかというとジャンプせずにやるやり方で今までやってきたので、空間認知の能力もあまりないし、そこというのは改善していかないといけない部分だと思います」と話し、経験ある先輩たちから直接アドバイスをもらいながら、冨安は大会期間中に一歩一歩成長していく。

(取材:舩木渉、文・構成:編集部)

【了】

新着記事

↑top