原口元気、押された展開には「慣れた光景」。その先を見据え「カウンターの精度を上げる」

2019年01月24日(Thu)9時00分配信


Tags: , , , , , , ,

原口元気
原口元気【写真:Getty Images】

 日本代表は現地時間の23日、UAE・ドバイ市内のスタジアムで、AFCアジアカップ2019の準決勝ベトナム戦に向けた前日練習を行った。

 決勝トーナメント一回戦サウジアラビア戦で圧倒的にゲームを支配された展開にMF原口元気は「賢い選手たちだから割り切るところは割り切ってプレーしているし、若い選手もそうで。次の試合が始まれば次の戦いがあって、またチャンスがあるだろうっていうことは、みんなが理解しているので、明日はまた違う戦いがあって、もしかしたらたくさんチャンスのある試合になるかもしれないし」と話した。

 また、サウジアラビア戦での課題に関して原口は「引きこもったなら引きこもったなりの得点の取り方がある中で、そのクオリティを出せなかったっていうのが一つ課題ではあると思います」と繋がれた展開でも、チャンスをあまり作れなかったことを挙げた。

 ベトナム戦に向けての改善点はと聞かれると「それぞれ所属クラブでやっているサッカーが違う中で、僕はすごく慣れているというか、引きこもってから出ていくっていうのは慣れているので、慣れた光景、やり方だったので、あまりストレスを感じずにやれていたけど、もしかしたら拓実だったら、常に押し込んでいるザルツブルクの試合の中で、あまり経験したことがなかったかもしれないし、それぞれある中で、合わせないといけない部分がある」と臨機応変に対応することを挙げた。

 この先を見据え原口は「アタッキングゾーンの崩しの形はすごく練習してきたけど、カウンターの練習はあまりしてきてこなかった中で、一つ課題が出たっていうのは、アジアカップじゃなくても、その先を見据えたときにカウンターの精度を上げていくのは、一つ課題かなって思いますね」と日本代表の課題を挙げた。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

【了】

新着記事

FChan TV

↑top