日本代表、塩谷司が的中させたある“予言”。白熱のイラン戦、明暗を分けた一瞬の緩み

2019年01月29日(Tue)12時30分配信

text by 河治良幸 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

試合展開を予言していた塩谷司

塩谷司
塩谷司はこうした試合展開になることを予言していた【写真:Getty Images】

「なんという間違いだったか。日本に対しては1秒たりとも集中を切らすことはできなかったのに。1秒でも、見ての通りああいったことが起こる。僕たちは1つのチームで、負ける時も一緒、だからこそ1つになってカムバックできることを願っている」

 しかしながら、インテンシティーの高い試合において攻守の切り替わりなどプレーのつなぎ目のところでは日本がより高い集中力を発揮しており、それがこのシーンでは南野の諦めず我先にボールを追う姿勢や機を逃さない大迫の飛び出しに表れていたことは確かだろう。

 ボランチとしてゲームをコントロールした柴崎も「僕らが非常に集中力を切らさずにできたかなと。本当に観ていてもわかる通り、一人一人の集中力あるプレーが目立ちましたし、チームとして試合を通して切れることなく、継続できた」と手応えを語った。

 そして0-0で前半を終えた状況から日本が先制点を取ることは通常の試合以上に意味合いが大きかった。デジャガが認めるように大会を通して無失点で盤石の戦いを続けてきたイランにとって動揺が大きく、そこからチームが冷静さを欠くきっかけになったからだ。

 前半から1つ1つのジャッジや想い通りに行かないことにイライラを見せていたイランではあるが、この失点でバラバラになってしまった。

 実はこうした試合展開を“予言”していた選手がいる。塩谷司だ。ベトナム戦の翌日にこんなことを言っていた。

「失点せずに得点をたくさん取るというのはチームとして非常にいい雰囲気になると思います。僕たちも厳しい試合を全部1点差で勝ってきていますけど、(イランは)逆にそういう完璧な内容で向こうは来てると思うので、そうなるとだんだん難しくなるって言うか、そういうところもあると思うので。そういうスキじゃないですけど、ここまで来たらスキを見せた方が負けやと思う」

 この試合での日本は確かにスタートからパフォーマンスが良かったが、先制点のシーンまでほぼ一進一退の内容だった。そこから相手にスキを見せてしまったのがイランであり、スキを突いたのが日本だった。そして、それが結果的に3-0という大差での決着に繋がったのだ。

(取材・文:河治良幸【UAE】)

【了】

1 2

新着記事

FChan TV

↑top