完璧だったカタールの日本封じ。悪夢の前半はなぜ起きたのか? 寸断された中盤と速攻の脅威

2019年02月02日(Sat)7時10分配信

photo Shinya Tanaka
Tags: , , , , , ,

カタール代表
カタール代表【写真:田中伸弥】

【日本 1-3 カタール AFCアジアカップ2019・決勝】 

 日本代表は現地時間1日、AFCアジアカップ2019・決勝戦でカタール代表と対戦し、1-3で敗北を喫した。この結果、森保ジャパンは準優勝で大会を終えた。

 カタール代表はアジアの頂点に立つにふさわしいチームであった。アルモエズ・アリを筆頭として攻撃陣は魅力的で、今大会の計7試合でわずか1失点しか喫しなかった守備陣も見事というべき。決して「優勝候補」というわけではなかったが、大会を通して成長を遂げたチームであったことは間違いない。

 決勝戦でも、試合の立ち上がりから「強さ」を発揮してきた。カタール代表は日本の中盤を完全に寸断し、高い位置でボールを奪っては鋭いカウンターへと繋げた。最前線の大迫勇也へ縦パスの供給を試みるも、そこが日本のストロングポイントだとわかっているカタールの守備陣は素早いアプローチをかけ、自由を奪っていた。

 日本はボールこそ保持していたが、それは持っているのではなく持たされているといった状況であり、完全に後手に回っていた。中盤を寸断された日本代表はらしからぬミスも連発し、思うようなゲーム運びに持っていくことができず。12分にはアルモエズ・アリ、27分にアブデル・アジズ・ハテムにゴラッソを沈められ、45分間でいきなり2点のビハインドを背負う苦しい展開へと追い込まれた。

 一方で守備陣も相手のカウンターに対し効果的な解決策が見いだせずにいた。ハッサン・アルハイドスとアクラム・アフィフの2人は前線で流動的にポジションを入れ替えながら日本の守備陣を混乱させる。中盤の柴崎岳や塩谷司は相手選手を捕まえることができずに、最終ラインはどんどん深くなっていき、フィニッシュを多く許してしまった。

 日本は今までできていたことをさせてもらえなくなり、徐々に焦りの色が見え始める。試合中に修正することもできず、ただただカタールの策略に耐えるしかなかった。

 後半はカタール代表選手の疲れもあり、日本代表はペースを取り戻したが、前半に失った2点の壁は大きかった。試合終盤にも1点を失い、終わってみれば1-3の完敗だった。

 カタールの日本封じは完璧であったと言えるだろう。1-3というスコアも妥当なのではないだろうか。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top