20180826_psg_getty
パリ・サンジェルマン【写真:Getty Images】

 仏紙『レキップ』はフランス・リーグアンの所属選手の報酬ランキングを作成し、8日付で公開した。2位に2倍近くの差をつけて圧倒的1位に輝いたのはパリ・サンジェルマン(PSG)のFWネイマールだった。

 仏紙によればネイマールの報酬額は月額306万ユーロ(約3億8000万円)。年俸に換算すれば約45億6000万円というサッカー界トップクラスの高給となる。

 2位は同じくPSGのFWキリアン・ムバッペで、月額173万ユーロ(約2億1500万円)。3位には月額150万ユーロ(約1億8700万円)でFWエディンソン・カバーニが続き、PSGの誇る強力アタッカー陣が表彰台を独占する形となった。

 さらに4位にはDFチアゴ・シウバ、5位にはMFアンヘル・ディ・マリア、6位にはGKアルフォンス・アレオラと、PSG勢が上位を独占。GKジャンルイジ・ブッフォンと並ぶ7位タイにようやくモナコのFWラダメル・ファルカオが食い込んでいる。

 その下にも9位タイにDFダニエウ・アウベスとDFマルキーニョス、11位にDFプレスネル・キンペンベ、12位に新加入のMFレアンドロ・パレデスとPSGの選手が続く。13位タイにはPSGのMFユリアン・ドラックスラーとMFマルコ・ヴェッラッティ、モナコのMFセスク・ファブレガスがランクイン。上位12人中11人、上位15人中13人を占めたPSGの突出ぶりが改めて浮き彫りにされている。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top