レアル戦のVAR運用に混乱。判定行うモニター室が“無人”!? 真相は…

2019年03月11日(Mon)20時22分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

レアル・マドリー
バジャドリーに勝利を収めたレアル・マドリー【写真:Getty Images】

 現地時間10日に行われたリーガエスパニョーラ第27節の試合で、レアル・マドリーがバジャドリーにアウェイで4-1の勝利を収めた。この試合のVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)運用をめぐってファンの間に騒動が生じたことをスペイン紙『マルカ』などが伝えている。

 前半に劣勢を強いられたマドリーは、2度にわたってVARによる判定に助けられた。13分にはバジャドリーの右サイドからのクロスにセルヒオ・グアルディオラが合わせてゴールネットを揺らしたが、オフサイドがあったとの判定でノーゴール。その5分後にもCKからのクロスにグアルディオラが頭で合わせたシュートがオフサイドと判定された。

 最初の場面でゴールが決まったかに見えたあと、主審がVARによる確認を行っていた際、スペインのテレビでは映像判定を行うモニタールームの様子が映し出された。だがその部屋には誰の姿もなく、全くの無人となっていた。

 テレビでその場面を目にしたファンからは、VARが正しく運用されているかどうかに疑問を呈する声が上がった。だが「おそらくは別の部屋が映されたミスだったのだろう」と『マルカ』は伝えている。その後の中継では、審判員がモニターに向かって座っている“正常”な部屋の様子が改めて映し出されたとのことだ。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top