リバプールの矛・マネ、ゴール量産の理由とは? 新たに手にした怖さ、CL制覇のエンジンに

チャンピオンズリーグ・ベスト16の2ndレグ、バイエルン・ミュンヘン対リバプールの一戦が現地時間13日に行われ3-1でアウェイチームが勝利している。ベスト8進出への原動力となったのは、2ゴールを挙げたサディオ・マネだ。好調を維持するセネガル代表FWはこれで公式戦10試合で『10』得点を挙げる大活躍。なぜここまで輝くことができるのだろうか。(文:小澤祐作)

2019年03月14日(Thu)11時50分配信

text by 小澤祐作 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

昨季ファイナリストの意地を示す

リバプール
アウェイでバイエルンは3-1で下したリバプールがCLベスト8進出を果たした【写真:Getty Images】

 試合終了のホイッスルが鳴り響き、ユルゲン・クロップ監督の表情には笑みがこぼれていた。チャンピオンズリーグ(CL)・ベスト16の1stレグ、ホームでの対バイエルン・ミュンヘン戦を0-0で終えていたリバプールからすれば、「ホッとした」という感想が一番に浮かんでくるのかもしれない。

 現地時間13日、フースバル・アレーナ・ミュンヘンで行われた2ndレグでリバプールはバイエルンを3-1で退け、ベスト8進出を決めた。リーグ戦ではマンチェスター・シティに首位の座を明け渡すなど低調なパフォーマンスが見受けられることもあったが、この日の同チームは昨季のCLファイナリストという意地を十分に見せつけたと言ってもいいだろう。

1失点は喫したが、許した枠内シュートはわずかに2本。バイエルンを率いるニコ・コバチ監督も試合後には完敗を認める発言をしていたという。リバプールの勢いは圧倒的だった。

試合開始早々にジョーダン・ヘンダーソンが負傷でプレー続行が不可能となるアクシデントこそあったが、代わりにピッチに立ったファビーニョはうまくゲームに入ることができていた。

 バイエルンがボールを保持する展開になるのは想定済み。リバプールはしっかりと守備ブロックを構築し、攻める隙を与えない。相手の司令塔であるチアゴ・アルカンタラにはジョルジニオ・ワイナルドゥムがぴったりと張り付き自由を奪う。エースのロベルト・レバンドフスキにはフィルジル・ファン・ダイクがマーク。ジョエル・マティプはカバーリングでオランダ代表CBを支えた。

 しかし、前半20分過ぎまでは、お互いにシュートまで持っていくことができなかった。両者とも集中した守りを見せ、危険なエリアで確実にボールを弾き出すことができていた。

 だが一瞬の隙を突いてようやくゴールが生まれる。試合を動かしたのはリバプールだ。

1 2 3 4

新着記事

FChan TV

↑top