本田圭佑、絶妙スルーパスで先制点アシスト。待望の復帰後初白星!

2019年03月16日(Sat)19時50分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

本田圭佑
メルボルン・ビクトリーの本田圭佑【写真:Getty Images】

【メルボルン・ビクトリー 2-1 ブリスベン・ロアー Aリーグ第22節】

 オーストラリア・Aリーグ第22節の試合が16日に行われ、メルボルン・ビクトリーとブリスベン・ロアーが対戦。ホームのメルボルンが2-1で勝利を収めた。

 12日にはAFCチャンピオンズリーグでサンフレッチェ広島と対戦し、1-2で敗れていたメルボルン。その広島戦で1ゴールを決めていた本田圭佑は今節も先発し、中盤右サイドに入った。

 前半24分にはその本田の絶妙なアシストからメルボルンに先制ゴールが生まれる。本田からのグラウンダーのスルーパスを受けてゴール前に抜け出したニュージーランド代表FWバルバルセスが冷静にゴール右へ流し込んだ。

 さらに39分にも、トロイージの出したディフェンスライン裏への浮き球で抜け出したバルバルセスがGKのニアを抜くダイレクトボレーでネットを揺らす。オフサイドの可能性があるとしてVARによる判定が行われたが得点は認められ、メルボルンが2点リードで前半を折り返した。

 久々の白星に向けて優位に立ったメルボルンだが、後半立ち上がりの50分には一瞬の隙を突かれて失点。自陣内での不用意なボールロストからボテアクにループシュートを決められて1点差に。

 61分には再び本田のスルーパスを受けたバルバルセスがハットトリックのチャンスを迎えたがシュートを打てず。65分にも本田の落としたボールからバエナのシュートがGKに阻まれるなど、チャンスは生み出すが追加点には届かない。

 そのままスコアは動かなかったが、2-1で逃げ切ったメルボルンが公式戦7試合ぶりとなる待望の白星。本田にとっても負傷からの復帰以来初の勝利となった。

【得点者】
24分 1-0 バルバルセス(メルボルンV)
39分 2-0 バルバルセス(メルボルンV)
50分 2-1 ボテアク(ブリスベン)

【了】

新着記事

FChan TV

↑top