日本代表初招集の安西幸輝、クラブW杯で負けた南米相手にリベンジ。「違いを見せる」

2019年03月20日(Wed)8時20分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

両サイドでプレーできる安西幸輝。内田はあこがれの選手だったという
安西幸輝【写真:Getty Images】

 日本代表は19日、22日に行われるキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦に向けた合宿2日目を横浜市内の練習場で行なった。

 今回の代表2連戦ではコロンビアの他にボリビア代表と対戦する。そんななか、代表初招集となったDF安西幸輝は鹿島アントラーズの一員として昨年12月に行われたクラブワールドカップで南米王者のリーベル・プレートと対戦した時の印象を強く持っているようだ。

「あれが標準だと思うし、あの質でたぶんくると思うので、3ヶ月ですけど、違いを見せられるように頑張りたいと思います」と安西は意気込みを語っている。

 続けて「コロンビアはキンテロと再戦したかったんですけど、怪我しちゃって。でもすごくクオリティーの高い選手がいっぱいいるので、コロンビアもボリビアもどちらも試合に出られるように」と代表初出場を狙っている。

「攻撃の部分では通用する部分もあると思うので、そこは出していきたいし、守備でも3ヶ月前とは違うというところを見せたいと思います」と話す安西が南米勢を相手に成長した姿を見せるチャンスを掴めるだろうか。

(取材:舩木渉、文・構成:編集部)

【了】

新着記事

FChan TV

↑top