鈴木武蔵「ワールドクラスのCBとのバトルは楽しかった」。敗戦に悔しさも

2019年03月23日(Sat)1時45分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

鈴木武蔵
日本代表の鈴木武蔵【写真:Getty Images】

【日本 0-1 コロンビア キリンチャレンジカップ】

 キリンチャレンジカップ2019の試合が22日に行われ、コロンビア代表が日本代表に1-0の勝利を収めた。代表デビューとなったFW鈴木武蔵は試合後に自身のプレーについて振り返った。

 初招集を受けた鈴木は先発でデビューを飾り、65分に交代するまでプレー。中島翔哉からのクロスに合わせてフリーでヘディングを放つチャンスなどもあったが、初ゴールを挙げることはできなかった。

「前半良い試合ができていただけに、PKで失点して負けたっていうのはちょっと悔しいです」と鈴木は試合後にコメント。「クロスとかで相手を外せてる場面もあったので、ああいうのをうまく合わせていきたいですね」と今後への課題を挙げた。

「ひとつ外せればチャンスになるってところでハメられて取られてしまうっていう場面もあったので。苦し紛れのパスをもらうだけじゃなくて、ビルドアップでちょっと崩してはがしてもらったところで駆け引きしたら、もっと絶対チャンスになるので。そこは改善していきたいと思います」

 不在だった大迫勇也のポジションで、ポストとなる役割も求められた。「競り合った時に味方の状況をもっと把握して、しっかり落とせればチャンスになる。あそこで起点になるとだいぶ状況が変わるので、前の選手が踏ん張らなきゃいけないところだと思います」

 相手守備陣からのプレッシャーは厳しかったが、その厳しさを楽しむこともできたようだ。「圧力ありましたね、やっぱり。ワールドクラスのセンターバックだったので。でもやっててほんと、ああいうふうにバトルっていうのは楽しかったですね」と代表デビュー戦でのプレーで得られた充実感を表現した。

【了】

新着記事

↑top