【ボリビア戦スタメン案】左から安西、畠中、三浦、西。“国産ライン”に問題なし! 日本代表のイレブンをFチャン編集部が厳選

日本代表は26日、キリンチャレンジカップ2019でボリビア代表と対戦する。22日のコロンビア戦は0-1で敗戦。今回はメンバーを入れ替えることも予想されるが、森保ジャパンはどのような戦いを見せるだろうか。

2019年03月26日(Tue)7時00分配信

text by 編集部
Tags: , , , , , , , , , ,

Jリーグ組の奮起に期待

gen
フットボールチャンネル編集部が提言する日本代表のボリビア戦スタメン案

 コロンビア戦の前半、日本は中島翔哉、南野拓実、堂安律の「NMDトリオ」が積極的に仕掛け、A代表デビューとなった鈴木武蔵もスピードや強さを見せるシーンがあった。しかし後半に入ると、ギアを上げたコロンビアの前に防戦一方の展開を強いられた。ビルドアップを引っかけられ、相手に勢いを与えてしまった。

 香川真司らが途中出場し攻撃のリズムは若干変わったが、決定打は打ち込めず。結局、森保ジャパンは0-1で敗れている。

 AFCアジアカップ2019決勝を含め、これで日本は2連敗。今回のボリビア戦は勝利が欲しいところ。森保一監督はどのようなメンバーを先発に起用するだろうか。

 GKは中村航輔を推す。抜群の反応速度で相手のシュートを防ぐなどセービングが持ち味だが、強みはそれだけではない。柏レイソルのアカデミーで育ち、足元の技術も高い。ビルドアップにも貢献できる点は魅力だ。

 最終ラインは4バックで、左から安西幸輝、畠中槙之輔、三浦弦太、西大伍。畠中はJ1通算9試合ながら初招集を果たした。守備力だけでなく繋ぎの部分でも強みを出せる選手。右サイドバックの西大伍もボールワークに長け、攻撃のサポートも得意。左の安西とは鹿島アントラーズでもチームメイトだったため、どちらかが上がったらもう一方は留まるといった呼吸も問題ないだろう。

【次ページ】1トップは誰に?

1 2

新着記事

↑top