FIFA、スイスの対応を非難。武藤嘉紀同僚DFが脳震とう後にプレー続行

2019年03月31日(Sun)19時51分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

ファビアン・シェア
スイス代表のファビアン・シェア【写真:Getty Images】

 国際サッカー連盟(FIFA)の医療部門は、試合中の接触プレーで脳震とうを起こしたとみられるDFファビアン・シェアにプレーを続行させたスイスの対応を非難している。英紙『デイリー・メール』が伝えた。

 スイス代表は今月22日に行われたEURO2020予選の試合でジョージア代表と対戦。ニューカッスルでFW武藤嘉紀のチームメートでもあるシェアはこの試合に先発で出場していた。

 前半24分、ゴール前でのハイボールを相手選手と競り合ったシェアは頭を打ってピッチに転倒。目を閉じて体を動かさず、意識を失っている様子だった。だがピッチ上で処置を受けて意識を取り戻したあと、試合終了まで90分間プレーを続行した。

 FIFA医療委員会代表のミシェル・ドーゲ氏は、スイスのこの判断を強く非難している。「選手が意識を失った時はすぐにピッチから出て、戻るべきではない。極めて明確なことだ。今回の件で起こったと思われることに私は全面的に反対する」と述べた。

 現場にいなかったのでチームドクターの決定が正しかったかどうかは判断できないとしながらも、「脳震とうは決して甘く見てはならない。十分に慎重になるべきだ」とドーゲ氏は訴えている。

 シェアは接触プレーの場面を覚えていないと試合後に話すなど、明らかに脳震とうの症状を示していたという。ニューカッスルのレジェンドであるアラン・シアラー氏もスイスの対応を「馬鹿げている」と非難していた。

【了】

新着記事

↑top